ツイッターで不適切投稿、高裁裁判官を戒告処分

読売新聞 / 2018年10月17日 17時44分

ツイッターでの不適切な投稿で裁判官の品位を損なったとして、東京高裁から懲戒を申し立てられた同高裁の岡口基一裁判官(52)の分限裁判で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は17日、岡口氏を「戒告」の懲戒処分とする決定をした。裁判官によるSNSの発信を巡る懲戒は初めて。最高裁の決定に対しては不服申し立てができないため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング