140kmでカーブ進入、証拠あり…台湾脱線

読売新聞 / 2018年10月23日 13時3分

【台北=牧野田亨】台湾の中央通信によると、台湾北東部の 宜蘭 ( ぎらん ) 県蘇澳で21日に特急列車が脱線し、18人が死亡、180人以上が負傷した事故で、台湾の検察当局は22日、運転士を業務上過失致死容疑で事情聴取した。 検察の担当者は22日夜、現時点の判断として、列車(8両、366人)が速度超過で現場の右カーブに進入した結果、曲がりきれずに脱線したとの見方を示した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング