日本人も標的…五輪「チケット無料」の偽メール

読売新聞 / 2018年10月23日 16時4分

2020年の東京五輪に便乗し、無料チケットの提供を装った不正メールによるサイバー攻撃がネット上で計画されていたことが、データ分析会社アントゥイット(東京)の調査でわかった。実際にネット利用者に送られたとみられるという。世界的に注目度が高い五輪はサイバー攻撃の標的になりやすく、今後も似たような攻撃が続く可能性があるとして警戒を呼びかけている。 「スポーツイベントに興味のある日本人と米国人を狙う」 同社は今年8月下旬、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング