写真

タワーマンションを紹介する記事では、KYB製品の使用を強調するものも多い

台湾東部で脱線・横転事故を起こした電車に並び、「日本製」が現地で波紋を広げている。KYBによる検査データの改ざん問題だ。KYBの免震・制振ダンパーは台湾にも輸出されていたためだ。KYB製品の採用をうたって宣伝していたタワーマンションも多く、台湾当局も実態調査に乗り出した。 制振装置と建物自体の安全性は「全く無関係」?? 台湾への輸出はKYB子会社のカヤバシステムマシナリーが2018年10月19日に開いた記者会見で明らかにした。これを受け、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング