海自、無人攻撃機導入へ…中国艦など監視強化

読売新聞 / 2018年11月9日 15時0分

政府は、米国製の無人攻撃機「アベンジャー」を海上自衛隊に導入する方向で検討に入った。日本周辺で活動する中国軍の艦艇や北朝鮮の密輸取引の監視体制を強化する狙いがある。年末にまとめる新しい「防衛計画の大綱」に無人機の活用を位置づけ、2020年代後半に運用を始めることを目指す。 アベンジャーはジェットエンジンを搭載し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング