「職場放棄」に野党反発、下村氏が幹事辞退へ

読売新聞 / 2018年11月14日 7時40分

自民党の下村博文憲法改正推進本部長は13日、内定していた衆院憲法審査会の幹事への就任を辞退する意向を固めた。9日のテレビ番組で、審査会の開催に消極的な野党を「職場放棄」と批判したことが強い反発を招いたことに配慮した。 下村氏は13日、群馬県みなかみ町で講演し、「野党を過激発言で硬直させるようなことがあったので、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング