内田前監督「懲戒解雇は無効」、日大側を提訴

読売新聞 / 2018年11月14日 20時52分

日本大のアメリカンフットボール部選手による危険タックル問題で、懲戒解雇された同部の内田正人前監督(63)が大学側を相手取り、解雇は無効だとして地位確認を求める訴訟を東京地裁に起こしたことがわかった。15日に第1回口頭弁論が行われる。 この問題では、同部の男子選手が5月、関西学院大との定期戦で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング