駅伝の名門大学ケガ中退…「詐欺かけ子」に転落

読売新聞 / 2018年11月16日 19時14分

かつて箱根駅伝を目指すほどのランナーだった男(27)がオレオレ詐欺グループの一員となり、約2700万円をだまし取った詐欺罪などで7月、福岡地裁から実刑判決を受けた。男は父親(54)もグループに引き込み、一緒に詐欺を繰り返していたとみられている。親子はどこで道を踏み外してしまったのか。 ◆名門校で活躍 「子を思う親の心情につけ込んだ卑劣な犯行だ」 福岡地裁の太田寅彦裁判官は7月9日の判決で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング