日本、4発快勝で18年締め…大迫&中島が後半途中出場でゴール

スポーツ報知 / 2018年11月20日 21時14分

◆国際親善試合日本―キルギス(20日・豊田スタジアム)日本代表はキルギス代表と対戦して4―0で快勝し、来年1月のアジア杯を前に年内最終戦を白星で締めた。日本は前半2分に代表初招集で初先発のDF山中亮輔(25)=横浜M=が左足で先制ゴール。同19分にはMF原口元気(27)=ハノーバー=の直接FKから2点目。後半27分と同28分に途中出場のFW大迫勇也(28)=ブレーメン=とMF中島翔哉(24)=ポルティモネンセ=の連続ゴールが決まった。いきなりの先制点だった。同2分、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング