立憲民主党の有田芳生参院議員は6日の参院法務委員会で、外国人技能実習生が2015~17年に計69人死亡していたとする法務省作成の資料を明らかにした。 資料によると、死亡原因は事件・事故のほか、心臓疾患、溺死、凍死もあり、「自殺」は6件だった。 法務委で有田氏は、詳しい原因を明らかにするよう求めたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング