写真

報道への見解も載せたトリップドットコムのサイト

海外大手宿泊予約サイト「トリップドットコム」で、旅館やホテルが満室にもかかわらず部屋を高額で「カラ売り」していたことが分かり、中国の運営会社「シートリップ」の日本法人がホームページ上で謝罪した。テレビなどでは、カラ売りに関わった疑惑が報じられているが、シートリップ側は、取り引きしている一部の悪質な販売業者がやったと主張している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング