同僚2人ふらついた足取り…踏切ではねられ死亡

読売新聞 / 2018年12月7日 11時34分

6日午後9時半頃、川崎市多摩区菅稲田堤のJR南武線矢野口―稲田堤駅間の踏切で、男性2人が立川発川崎駅行きの普通電車にはねられ、搬送先の病院で死亡した。 神奈川県警の発表によると、2人は会社の同僚で東京都多摩市の男性(34)と調布市の男性(37)。遮断機の下りた後、ふらついた足取りで一緒に踏切内に立ち入るのを複数の人が目撃している。2人は同日夜、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング