写真

最新設備が完備した中国人民解放軍総医院(通称301病院)の表門。警備兵が出入りをチェックする

北京西郊の五棵松に建つ中国人民解放軍総医院(通称301病院)は北京で、いや全国でも最先端の設備が整う病院だといわれていた。天安門事件から8年近くたった1997年2月19日の深夜、私はその大病院の裏門近くで寒気とたたかっていた。北京は旧暦で新年である春節の前後が一年でも最も寒いとされる。その年の春節元旦は2月7日であった。寒さは若干緩んだとはいえ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング