中国で拘束の邦人女性、スパイ罪で懲役6年

読売新聞 / 2018年12月9日 13時50分

【上海=吉永亜希子】2015年6月に中国当局に拘束された東京の日本語学校幹部の女性(57)に対する判決公判が7日、上海市の中級人民法院(地裁)であり、スパイ罪で懲役6年と財産5万元(約80万円)没収の判決を言い渡されていたことが日本政府関係者への取材でわかった。15年以降に相次いだスパイ容疑などでの日本人拘束事件で、判決が出たのは3人目。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング