体罰で退職のバレー部監督、別の高校でまた体罰

読売新聞 / 2018年12月11日 7時46分

女子バレーボール部の部員に体罰を加えたとして、広島県尾道市の私立尾道高校は10日、監督だった男性教諭(53)(3日付で監督から解任)を同校の規定に基づき、減給10分の1(2か月)の懲戒処分とした。同校への取材でわかった。教諭は体罰を認め、「鍛えるためだった」と話したという。 同校によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング