ガソリン7週続落、7か月ぶり150円割る

読売新聞 / 2018年12月12日 19時44分

資源エネルギー庁が12日発表した全国のレギュラーガソリンの平均価格(10日時点、1リットルあたり)は、前週より2・0円安い149・3円だった。7週連続の値下がりとなる。150円を割ったのは5月21日以来、約7か月ぶりだ。 ハイオクは2・0円安の160・1円、軽油は1・7円安の129・5円、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング