写真

大会スタッフ・ボランティアと都市ボランティアのネーミング候補4案(C)Tokyo 2020

2020年の東京五輪・パラリンピック大会のボランティアの愛称を候補の4案から決める投票が始まったが、一つの案がインターネット上で注目されている。それは「シャイニングブルー」。異彩を放っているようで「ネーミングダサくない!?」「プロレス技か」といった反響が広がった。J-CASTニュースは大会組織委員会に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング