未婚のひとり親、住民税の負担を軽減…自公合意

読売新聞 / 2018年12月13日 22時22分

自民、公明両党は13日、未婚のひとり親に対する税制上の支援策について、住民税の負担を軽減することで合意した。こうした方針を盛り込んだ2019年度与党税制改正大綱は、14日に決定される見通しとなった。 自公両党は、夫と離婚、死別した女性の税負担を軽減する「寡婦控除」の改正を巡って、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング