英政治混迷 円滑なEU離脱の道が見えぬ

読売新聞 / 2018年12月16日 6時0分

英国と欧州連合(EU)が合意した離脱協定案が宙に浮き、合意なき離脱に陥れば、双方の経済・社会の混乱は必至だ。英国は最悪の事態を防ぐ責任を果たさねばならない。 離脱が来年3月29日に迫る中、英政治の混迷が深まっている。 メイ首相は、11日に予定していた協定案の議会承認の採決を来月に延期した。与党・保守党の強硬離脱派が頑強に抵抗し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング