【巨人】上原浩治、大減俸でも45歳現役めざす「活躍すれば上がるかも」

スポーツ報知 / 2018年12月15日 8時0分

巨人は14日、上原浩治投手(43)と再契約したことを発表した。単年契約で、背番号は入団1年目の99年からメジャー移籍後の17年まで背負った愛着ある「19」に決定。44歳でのプレーが正式に決定したレジェンド右腕は「1年間1軍」を目標に掲げ、原監督への恩返しを誓った。年俸は5000万円。今季年俸2億円から1億5000万円の減額は球団史上6番目(金額はいずれも推定)。大幅な減俸となったが「1年活躍すれば上がるかもしれないですし」と再来年の現役続行への糧とした。不本意な“臆測”をあえて口にした。それが上原の覚悟を物語った。巨人との再契約を報告した取材の輪。「元からできていた話ではないか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング