山根明前会長、どう喝止まらず…日本連盟は除名処分へ

スポーツ報知 / 2018年12月15日 19時35分

日本ボクシング連盟は15日、都内で理事会を開き、助成金の不正流用などの責任を取って8月に辞任した山根明前会長、明氏の長男の山根昌守元理事、内海祥子元常務理事を除名処分、吉森照夫元専務理事を資格停止処分とする案を16日の総会で、提案することを決めた。今後は、2019年2月10日の総会で処分が確定する流れとなる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング