天皇陛下の疎開の日々、学習院初等科教授が記録

読売新聞 / 2018年12月17日 7時55分

天皇陛下を教えた学習院初等科教授の残した日誌やメモから、皇太子時代の陛下が戦中、疎開先で送られた日々の詳細がわかった。日誌には、陛下の教育内容や同級生らと生活する中での成長の過程が、教師の視点でつづられている。敗戦の翌年、昭和天皇に皇太子教育の成果を報告した文書もあり、平和に尽くされた陛下の原点となる時期の克明な記録だ。近く85歳の誕生日を迎えられる陛下の歩みを知るための資料として、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング