爆風などの建物被害、100m先でも…札幌

読売新聞 / 2018年12月17日 17時41分

札幌市豊平区で起きた爆発から一夜明けた17日、焼け跡では雪が舞う中、警察などによる現場検証が行われた。爆風などによる被害は半径約100メートル近くにまで及び、避難を余儀なくされた近くの住民らは、爆発の衝撃を改めて口にした。 「とても大きな爆発音だった。今も耳の中に残っている。早く家に帰りたい」。爆発現場の隣のマンションに住む小学4年の女児(9)は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング