写真

ミンククジラの刺身

政府は2018年12月26日、突然、国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、来年(2019年)7月から商業捕鯨を再開すると発表した。「主張が入れられないと席を蹴るトランプ流」「在庫が余っているのに誰が鯨肉を食べるの?」と新聞社説ではオール野党の総スカン状態だ。いったい何が問題なのか、新聞社説を読み込むと――。 クジラの敵をクロマグロやサンマで討たれる J-CASTニュース会社ウォッチ編集部は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング