4K「対応テレビでも映らない」視聴相談が半数

読売新聞 / 2019年1月11日 20時4分

高精細映像の「新4K8K衛星放送」が昨年12月1日に開始してから1か月で、相談窓口に寄せられた問い合わせは2542件に上った。同窓口を設けている「放送サービス高度化推進協会」(A―PAB)がまとめた。視聴方法についての相談が半数を占めたという。 A―PABによると、半数は「4K対応テレビにチューナーを接続しても映らない」「番組を見るためのリモコン操作が分からない」――などテレビやチューナーの扱いに関する相談だった。その他、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング