フィリピンから強制送還「地面師」主導役を逮捕

読売新聞 / 2019年1月11日 21時8分

大手住宅メーカー「積水ハウス」が土地取引で約55億円の詐欺被害に遭った事件で、国際手配されていた地面師グループの主導役カミンスカス操容疑者(59)が11日夜、フィリピンから強制送還され、警視庁は偽造有印私文書行使容疑などで逮捕した。 カミンスカス容疑者は11日昼、収容されていたマニラの入管施設からニノイ・アキノ国際空港に移された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング