中国サイバー攻撃、巧妙化…ミサイル情報も盗む

読売新聞 / 2019年1月12日 7時8分

【ワシントン=大木聖馬】中国による米政府機関や米軍、民間企業に対するサイバー攻撃の手口が巧妙化している。大量の個人情報を集めてビッグデータの解析を行っているほか、サイバーセキュリティーの弱い企業を標的にするケースもある。米国の安全保障に関する情報も狙われており、米政府は摘発を強化している。 ■作戦 米司法省は昨年12月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング