「物言う株主」から取締役受け入れ…オリンパス

読売新聞 / 2019年1月12日 9時6分

オリンパスは11日、「物言う株主」として知られる米ファンド「バリューアクト・キャピタル・マネジメント」から取締役を受け入れると発表した。物言う株主を取締役として迎えるのは、日本企業では極めて珍しい。市場では、経営改革が進むとの期待が膨らみ、オリンパスの株価は一時、前日終値より11%上昇した。 オリンパスは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング