高梨沙羅、助走安定せず今季ワーストタイの11位「自分を変えないと世界では戦えない」

スポーツ報知 / 2019年1月13日 8時10分

◆W杯ジャンプ女子札幌大会第1日(12日、札幌・大倉山ジャンプ競技場)個人第6戦(HS137メートル)が行われ、18年平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(22)=クラレ=は111メートル、110・5メートルの合計154・6点で今季自己ワーストタイの11位。課題の助走が安定せず、2本ともに飛距離を伸ばせなかった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング