竹田恒泰氏、父の贈賄疑惑捜査に「ゴーン報復」疑う 事実なら「民度低い」と不満

J-CASTニュース / 2019年1月12日 17時50分

作家の竹田恒泰氏が、父で日本オリンピック委員会(JOC)会長の竹田恒和氏に対する仏司法当局の捜査について、「ゴーン逮捕の報復と見るのが普通」との持論を展開している。捜査のニュースはくしくも、日産前会長のカルロス・ゴーン被告の追起訴と同じ日に明らかになった。恒泰氏に限らず、なんらかの関係を疑う声は決して少なくないが――。 疑惑は「事件にもならず終息」主張 「先ほど携帯いじっていましたら、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング