ゴーン被告、拘置所で250日か 保釈認められず すでに勾留50日超え

スポーツ報知 / 2019年1月16日 8時13分

東京地裁は15日、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)の保釈を認めない決定をした。11日に保釈請求していた弁護人は、決定を不服として準抗告する方針だが棄却される可能性が大きく、初公判まで半年以上、保釈されない可能性が出てきた。東京地検特捜部は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング