錦織も「176位」相手に危うく... 「荒れる全豪」波乱多発の理由

J-CASTニュース / 2019年1月15日 18時25分

テニスの全豪オープン第2日が2019年1月15日、オーストラリア・メルボルンで行われ、男子シングルスで世界ランク9位、第8シードの錦織圭(29)=日清食品=が、世界ランク176位カミル・マイクシャク(23)=ポーランド=の途中棄権で2回戦に進出した。第1、第2セットを立て続けに落とした錦織は、第3セットを6ゲーム連取して奪い返し、第4セットを6-2まで追い込んだところで相手が棄権を申し入れた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング