写真

ロシアのラブロフ外相は、「北方領土」の呼称を「受け入れられない」と主張した(写真はロシア外務省ウェブサイトから)

日本とロシアの平和条約締結交渉加速に向けて2019年1月14日(現地時間)にモスクワで開かれた外相会談は、早くも両国の立場の大きな違いが露見した。日本はこれまで、北方領土はロシアが「不法占拠」しているという立場を維持してきたが、ロシア側は主権について「議論の対象ではない」ことを、国連憲章の「敵国条項」まで持ち出しながら主張。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング