勾留続くゴーン被告「弁護側の戦略ミス」の声も

読売新聞 / 2019年1月16日 9時28分

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(64)の保釈請求が15日、却下された。最初の逮捕から間もなく2か月。公開の法廷で「私は無実」と声高に訴えたゴーン被告の勾留は今後も続く見通しだ。検察幹部らは「当然」と受け止めるが、海外からの批判は高まる可能性もある。 ◆一抹の不安 「企業トップが行った犯罪で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング