「時間ほとんどない」EU、方針明確化を要求

読売新聞 / 2019年1月16日 17時40分

【ブリュッセル=横堀裕也】欧州連合(EU)の執行機関・欧州委員会のユンカー委員長は15日、英下院がEUからの離脱協定案を否決したことを受け、「残された時間はほとんどない。英国は今後の対処方針をできる限り早く示してほしい」との声明を発表した。ユンカー氏はその上で「離脱協定案が最善の合意案であり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング