日露「パートナーにほど遠い」露外相、疑問呈す

読売新聞 / 2019年1月16日 19時35分

【モスクワ=畑武尊】ロシアのラブロフ外相は16日、記者会見で、北方領土問題を含む日露平和条約交渉を巡り、日露関係は「国際関係でパートナーと呼ぶにはほど遠い」と語った。14日の日露外相会談に続き、平和条約を結ぶ機運は高まっていないとの認識を示したものだ。 ラブロフ氏は、日本が対露経済制裁を科したり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング