阪神大震災24年「思い届かぬまま平成終わる」

読売新聞 / 2019年1月16日 21時23分

6434人が犠牲になった阪神大震災から、17日で24年となる。平成最後の震災忌も発生時刻の午前5時46分に合わせ、各地で追悼行事が開催される。 兵庫県伊丹市の 昆陽池 ( こやいけ ) 公園では16日夜、犠牲者数と同じ6434本のろうそくをともす「追悼のつどい」が開催され、参加者が午後5時46分に黙とうした。 ボランティア団体「ユー・アイ・アソシエーション」が1996年から開催。毎年異なるデザインにろうそくを並べて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング