がん患者、新たに年99万人…トップは「大腸」

読売新聞 / 2019年1月17日 0時1分

厚生労働省は、2016年に新たにがんと診断された患者数は延べ99万人を超えたと、17日付で発表した。すべての病院に患者データの届け出を義務付けた「全国がん登録」という新たな制度による初の集計で、日本のがんの実態が判明した。部位別では、大腸がんがトップだった。 全国がん登録は、病院に届け出を義務化したがん登録推進法の施行に伴い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング