検察「まれに見る殺人運転」遺族「一生許さぬ」

読売新聞 / 2019年1月18日 8時10分

堺市南区の大阪府道で昨年7月、あおり運転で車をバイクに衝突させ、男子大学生を死亡させたとして殺人罪に問われた無職中村 精寛 ( あきひろ ) 被告(40)(堺市南区)の裁判員裁判が17日、大阪地裁堺支部であり、検察側は懲役18年を求刑した。弁護側は殺意を否定し、公判は結審した。判決は25日。 検察側は論告で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング