不適切統計、異例の予算案修正…閣議決定後に

読売新聞 / 2019年1月18日 14時41分

毎月勤労統計が不適切な調査手法で行われていた問題を受け、政府は18日午前の閣議で、2019年度予算案の修正を決定した。雇用保険の追加給付分などを反映し、一般会計の総額は昨年12月に決定した時点より6・5億円増え、101兆4571億円となった。 予算案の閣議決定後の修正は過去に2回あるが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング