元稀勢の里、裏口断り一般通路でファンサービス 親方デビューは100点満点!

スポーツ報知 / 2019年1月18日 8時0分

16日に現役を引退した大相撲の元横綱・稀勢の里関(32)が17日、荒磯親方としての“初仕事”を行った。東京・両国国技館を訪れ、八角理事長(元横綱・北勝海)ら日本相撲協会の関係各所にあいさつ。自身の希望で、初場所5日目の来場者でにぎわう正面入り口から入場し、2階客席やコンコースなど館内を歩きまわって握手攻めにも丁寧に対応。現役時代は勝負に徹する“孤高の横綱”として近寄りがたいイメージだったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング