ほとんど完全禁酒令...JAL乗務員は大変だ 問題多発で「24時間ルール」

J-CASTニュース / 2019年1月18日 17時13分

パイロットと客室乗務員(CA)の飲酒で日本航空(JAL)が国土交通省から事業改善命令や業務改善勧告を受けた問題で、JALは2019年1月18日、改善策を国交省に提出した。検査体制の強化や社内処分の厳罰化、社内教育の強化などが骨子だ。副操縦士が18年11月に英国で逮捕されたことを受け、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング