大阪・西成に「中華街」構想…地元商店主は困惑

読売新聞 / 2019年1月21日 18時14分

大阪市西成区のあいりん地区周辺の商店街に“大阪中華街”をつくる構想が浮上している。大阪での2025年国際博覧会(万博)などを見据え、商店街で飲食店などを営む華僑の団体が計画しており、高齢化による閉店などが相次ぐ商店街の活性化を狙う。しかし、周辺では中国人経営のカラオケ居酒屋による騒音トラブルなどもあり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング