写真

防衛省が公開した動画についても、韓国側は「証拠とはみなせない」と主張した

韓国海軍の駆逐艦が海自機に火器管制レーダーを照射した問題は、後味の悪い幕引きを迎えることになりそうだ。防衛省は2019年1月21日、「最終見解」と題した文書と、海自機が探知したレーダー波を変換した音声を公表、「これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らないと考えられるとして、協議を打ち切る方針を表明した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング