韓国は「放置するつもりか」…懸案の着地点なく

読売新聞 / 2019年1月24日 7時54分

【チューリヒ(スイス)=梁田真樹子】スイスのダボスで23日に行われた河野外相と 康京和 ( カンギョンファ ) 外相による日韓外相会談で、韓国人元徴用工の訴訟をめぐる問題の協議は平行線に終わった。日韓の対立は様々な問題に広がっており、関係改善の糸口すらつかめない状況だ。 「日韓関係が非常に厳しい状況にあるからこそ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング