米子の強盗殺人、元従業員の有罪を破棄…高裁

読売新聞 / 2019年1月24日 11時38分

鳥取県米子市で2009年9月、以前働いていたホテルで支配人男性(当時54歳)の首を絞めるなどして現金を奪い、その後死亡させたとして強盗殺人罪に問われた同市の無職石田 美実 ( よしみ ) 被告(61)の差し戻し審判決が24日、広島高裁であった。多和田隆史裁判長は、懲役18年(求刑・無期懲役)とした1審・鳥取地裁判決を破棄し、同地裁に差し戻した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング