105歳で世界記録、陸上の宮崎秀吉氏が死去

読売新聞 / 2019年1月24日 20時39分

ギネス認定「世界最高齢スプリンター」の宮崎秀吉(みやざき・ひできち)氏が23日、脳出血のため死去。108歳だった。告別式は近親者のみで行う。 マスターズ陸上に93歳から出場し、100歳の時に100メートル走(100~104歳の部)で29秒83と当時の世界記録を樹立。103歳でギネス認定され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング