「超大型旅客機の時代」の終焉は近い? 「A380、生産打ち切り」が意味するコト

J-CASTニュース / 2019年2月17日 7時0分

超大型旅客機のエアバスA380型機が、商業運航開始からわずか14年で生産が打ち切られることになった。最大顧客のエミレーツ航空(UAE)がA380の発注の一部を取り消し、受注残がなくなって生産体制の維持ができなくなったためだ。エミレーツはA380よりも座席数が少ない最新鋭大型機、A350などを代わりに発注し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング