17日(2018年2月)に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」第7話の平均視聴率が9.5%(関東地区)と、前週の9.9%の自己最低を更新したことが18日わかった。視聴率の急降下が止まらない事態に、NHKでは木田幸紀放送局長が13日の記者会見で「わかりにくいというご意見も聞いていますので、(ストックホルムオリンピックのヤマ場の)タイミングを利用して補強していきたい」とテコ入れ策に言及した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング