スマホの使い過ぎでもの忘れがひどくなり、意欲も低下するという「脳過労」が増えているという。岐阜県のもの忘れ外来「おくむらメモリークリニック」の奥村歩院長は、これまでは高齢の患者がほとんどだったが、5年ほど前から「30代から50代の働き盛りの患者が全体の4割を占めるに至っている」と話す。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング